インクルーシブ関連

バギーでも体幹が弱くても乗れる障害児向けアトラクションとは?~ディズニー中編~

 障害児を連れてのディズニー攻略法とは


こんにちは。長男10歳、次男6歳(脳性麻痺児)の兄弟を育てているディズニーオタクのちはるです。
今回は障害児を連れての東京ディズニーリゾート攻略第二弾!アトラクションについてのお話です。

我が子の基本情報
6歳 障害者手帳1級、療育手帳A1。首すわり9割り程度、座位は多少保てる。手足は動かせるが寝返り、ずりバイはできない。胃ろう有り。108cm16㎏。

 脳性麻痺児でも乗れるアトラクションはあるの??

あります!!めっちゃ大声で言いますね、あります!!!!

まず、アトラクションの利用前提として「非常時にキャストの助けなしに同伴者の補助だけで避難できるか」が第一にあります。また、「一人で座って乗る事ができるか」が大きなポイントです。

パークのライドは背もたれが大人の肩や頭の高さまでしっかりあるものが多く、次男でも横から少し補助すれば後ろにもたれてきちんと座ることができます。

特にランドは元々赤ちゃんでも利用できるアトラクションが多いので、我が家の次男も絶叫系以外はほとんど乗ることができます。美女と野獣”魔法のものがたり”もプーさんのハニーハントもホーンテッドマンションもジャングルクルーズもカリブの海賊も乗ります。

逆に、絶叫系を除き次男が乗れないアトラクションは、ランドのベイマックスのハッピーライドとシーのアクアトピア。両方とも大きく旋回し振り回すような動きがあるアトラクションなので、横からの負荷に弱い次男は体勢が保てないため利用していません。

どのアトラクションが利用できるのかは障害の度合いにもよりますので、同伴者の判断と自己責任になることをご承知下さい。また、キャストの判断により利用できないこともあります。

 

 バギーのまま乗れるアトラクションはある?

ランド、シーどちらともバギーのまま利用できるアトラクションがあります。まずシアター系やグリーティング施設はバギーのまま入ることができます。ライド系はトイ・ストーリー・マニア!、ジャスミンのフライングカーペット、キャラバンカルーセル(いずれもシー)です。大きなサイズのバギーでなければそのまま乗車することができます。

その他ウエスタンリバー鉄道、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター、シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジは専用車いすに乗り換えて利用することができます。お手持ちのバギーで利用できるかどうかは各アトラクションキャストと相談が必要です。

我が家は毎回トイ・ストーリー・マニア!をバギーのまま利用しますが、乗車前の案内や乗り降りにどうしても時間がかかるため、DPAを使用しても乗り終わり出てくるまで1時間近くかかりますので、前後の予定に余裕をもって乗るのをお勧めします。

DPA(ディズニー・プレミアアクセス)
人気のアトラクションやショーを短い待ち時間で利用できたり良い場所で見ることができる有料のサービス。大概午前中には売り切れてしまうので、利用する場合は早めの購入が必要です。

 子供は無理でも自分(親)は絶叫系も乗りたい!でも諦めるしかない?

子どもは乗りたくないが、自分は乗りたい!!と思う家族も多いはず。大丈夫です!!!「交代利用サービス」があります。アトラクション入口でキャストに「交代で乗りたい」と申告するとQRコードを発行してもらえます。先に乗る人は通常の待ち時間でアトラクションを利用し、帰って来たら後発の人はQRコードを提示することで少ない待ち時間でアトラクションを利用することができます。

DPAやプライオリティパスを利用する場合は、先発組と後発組の利用開始時間をずらして取得しておくと安心です。

交代利用サービス ディズニーランド公式HPより

アトラクションの利用規定に満たないお客様がいる場合、2名以上の保護者(同伴者)の方が、交互に利用できない方に付き添うことで、アトラクションを交代で利用できる方法がございます。アトラクションの列に並ぶ前に、必ずパークチケットをお持ちのうえ、アトラクションのキャストにご申告ください。

 ランドとシーどちらがお勧め??

我が家は遠方住みなので旅行の際は必ず両方行きます。両方とも魅力的なのは大前提ですが、私の個人的なお勧めはランドです。

【ランド】

道が平坦で移動がしやすく、トイレの距離も近い。移動が楽な分予定が立てやすい。次男が乗れるアトラクションが比較的多い。最奥から入口へも戻りやすい。パレードやショーも間近で見られる物が多いので次男でも認識しやすい。

【シー】

入口から奥に向かって傾斜があり、左回りは緩く長い坂、右回りは急で短い坂になっておりバギーを押すのが地味につらい。我が家は移動にエレクトリックレールウェイをよく使います(バギーのまま乗れる)。エリアによってはトイレが遠いので注意。激しめのアトラクションが多く次男はあまり乗れません。シーに行く場合は左右のエリアどちらか半分回れたら合格ぐらいの気持ちで行くとよいです。

▶まとめ

☑脳性麻痺児でも一緒に乗れるアトラクションが意外と沢山ある!

「一人で座って乗る事ができる」がキーポイント。プーさんのハニーハントや美女と野獣”魔法のものがたり”は抱っこでも比較的乗降しやすくお勧め。

☑バギーに乗ったまま体験できるアトラクションもある。

☑絶叫系も諦めなくてOK。交代利用サービスを使って介助者を交代し順番に乗ろう!

最後に、東京ディズニーリゾートのサービスは常に変更されています。ここで記した内容やサービスは予告なく変更されることがあります。お出かけ前に公式ホームページで最新情報を確認してください。

【東京デイズニーリゾート公式ホームページ】
https://www.tokyodisneyresort.jp/

 

担当ライター:ちはる

10歳6歳男児のママ。ディズニーと洋画が好き。ハクナマタタの精神で生きてます。特技はフラダンス。